環境方針

フジケミ近畿株式会社は、事業活動に際し、地域、自然、地球との環境調に配慮し、事業を通して、従業員、社会、自然が将来に輝かしい希望の持てる事業の推進を目指します。

  1. 1. 私たちは、すべての事業活動において、省資源、リサイクル、廃棄物の分別と削減、省エネルギーを推進し、環境改善に努めます。
  2. 2. 私たちは、環境に優しい製品の提供と、現場塗装に努めます。
  3. 3. 私たちは、環境目的、及び目標を設定し、その達成に努め、定期的ないし必要に応じて、方針、目標の見直しを行ない、継続的改善を図ります。
  4. 4. 私たちは、関連する環境の法規則、及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、汚染の予防に努めます。
  5. 5. 私たちは、環境方針の周知徹底と、環境保全意識の向上を図るため、全社員、及び関連協力会社全員に環境教育、啓蒙活動を実施いたします。
  6. 6. 当社の環境方針は文書化し、一般に公表いたします。

2013年4月1日
フジケミ近畿株式会社 代表取締役社長 豊嶋 晃

活動目標

  1. 1. 環境負荷低減商品の拡販活動
  2. 2. ガソリン使用量の削減
  3. 3. ゴミ分別廃棄と再資源化率の向上
  4. 4. 外部委託の保管輸送の法令順守と塗料缶破損の防止
  5. 5. 塗装現場使用済み「ブラ容器」のリサイクルの推進 

目標と実績(2013年度環境報告書)

目的目標 2011年度 2012年度 2013年度
◇環境負荷低減塗料「4800FM」の拡販 268Kg 1,018kg 810kg
ガソリン使用量の削減 35,149L 32,741L 31,165L
事務用紙の削減 162,500枚 200,000枚 272,500枚
事務所の一般廃棄物分別と再資源化 64.40% 69.80% 67.10%
外部委託の塗料保管業者の法令順守 基準以内 基準以内 基準以内
環境負荷低減塗料「シナジオ」の拡販 1,263棟 1,101棟 706棟

塗料缶リユースの取り組み

弊社ではリサイクル活動の一環として、
使用済みペール缶を様々な形で再利用する試み・提案を行っております。

「ペール缶再利用の一例」
・ペール缶を利用した「プチ農」

じゃがいも栽培


だいこん栽培

お問合わせ

WEBでのお問合わせ

藤倉化成株式会社
フジケミ東京株式会社
フジケミ東京株式会社

ページTOPへ